インプラント、矯正治療、審美治療、一般・小児歯科なら医療法人社団愛泉会 たんぽぽ歯科クリニック | 練馬区大泉

診療科目:一般歯科 小児歯科 矯正歯科 口腔外科

お問合せ電話番号 受付時間:9:30〜18:30(日・祝休)

インプラント症例紹介

トップページ診療案内インプラント紹介 > インプラント症例紹介

【症例 1】

入れ歯のばねをかけている歯が動いて痛い。
これまでに、ばねをかけてる歯が一本づつ抜けてきた過去がある。

インプラント症例 1
患者さんの希望 入れ歯のばねをかけている歯が動いてものが咬めないのでどうにかしてほしい。
治療期間 6か月
治療費用(内訳) 162万円 (インプラント4本、ブリッジダミー1歯)
主治医からのコメント
この患者さんは、遠方(鹿児島県)より来院されている患者さんでした。咬む力が強く、入れ歯ではばねをかけている歯が対応しきれなかったようです。術後は地元の主治医の先生にお願いして定期検診を受けていただいております。

症例写真を見る

※治療開始から完了までの症例写真を見る

インプラントのよくある質問

詳しくは、当医院までお問い合わせください。

お問合せ電話番号 受付時間:9:00〜17:00(日・祝休) メールでのお問合せ

ページのトップへ

インプラント症例写真

手術前

入れ歯のばねをかけている歯がうごいていたいとのことでいらっしゃいました。下の歯が6本なくなっていました。

インプラント症例写真

手術後

下の顎に関して、入れ歯ではなくインプラントにて歯を入れることにより、入れ歯から卒業することができました。上の入れ歯は、バルプラストという特殊な素材の入れ歯にすることにより、違和感なく食事ができるようになりました。

インプラント症例写真

インプラント治療には専門的ないくつかのルールがありますが(天然の歯とつなげてはいけない、入れ歯のばねをかけてはいけない、、等)、この患者さんでは、天然の歯とインプラントがうまく共存していることがレントゲンでよくわかります。