インプラント、矯正治療、審美治療、一般・小児歯科なら医療法人社団愛泉会 たんぽぽ歯科クリニック | 練馬区大泉

診療科目:一般歯科 小児歯科 矯正歯科 口腔外科

お問合せ電話番号 受付時間:9:30〜18:30(日・祝休)

インプラント症例紹介

トップページ診療案内インプラント紹介 > インプラント症例紹介

【症例 2】

入れ歯が動いてうまくものが咬みきれない。
入れ歯はこんなものかと諦めている。

インプラント症例 2
患者さんの希望 入れ歯が動いてものが咬みにくい、痛い。
治療期間 約4か月
参考治療費用 インプラントアタッチメント:1か所 20万円

※2か所以上のインプラントアタッチメントの配置が必要です。

ガイデッド手術:20万円

※正確な位置にかつ無切開で侵襲の少ない手術が可能です。

基本的に下あごのみインプラントアタッチメント義歯が適応可能です。当医院では上顎ではインプラントアタッチメント義歯は施行しておりません。理由は、過去の論文及び、データにおきまして、上あごのインプラント義歯ではインプラントが数年で取れてしまう結果になることが証明されています(上あごのインプラントアタッチメント義歯におけるインプラントの生存率は50%以下という報告があります;2005年、JPDよりChristinらの報告)。

主治医からのコメント
この患者さんは、入れ歯は許容できましたが、入れ歯の動きによって痛い、硬いものが咬めない状態でした。また、費用を抑えたいという希望もありましたので、アタッチメント義歯(入れ歯をインプラントで留める方法)を選択させていただきました。治療期間も短く、費用も抑えられました。何より、食べ物を硬い、柔らかいで判断して摂食する癖(入れ歯の方特有の悩みです。)から解放されたことが我々にとってもうれしいことでした。

症例写真を見る

※治療開始から完了までの症例写真を見る

インプラントのよくある質問

詳しくは、当医院までお問い合わせください。

お問合せ電話番号 受付時間:9:00〜17:00(日・祝休) メールでのお問合せ

ページのトップへ

インプラント症例写真

手術前

下あごは全ての歯が失われ、総入れ歯を使われていました。

インプラント症例写真

手術中

3Dプリンター技術を応用(ガイデッドサージェリー)することにより、インプラント体(人工歯根)を正確な位置にかつ、無切開(歯茎を切らずに)で手術を終えました。手術時間は約20分です。腫れも、痛みもほとんどありません。

インプラント症例写真

手術後

丸く金色に見えるものがインプラントです

インプラント症例写真

入れ歯の裏に入っている青い部分がインプラントとくっつき、入れ歯を下あごに固定します。この部分は消耗品なので定期的交換が必要です。

下顎の総入れ歯をインプラントで固定した症例です