インプラント、矯正治療、審美治療、一般・小児歯科なら医療法人社団愛泉会 たんぽぽ歯科クリニック | 練馬区大泉

診療科目:一般歯科 小児歯科 矯正歯科 口腔外科

お問合せ電話番号 受付時間:9:30〜18:30(日・祝休)

お知らせ・トピックス

トピックス

一覧表示

5分でできるコロナ対策(肺炎)

こんにちは

緊急事態宣言が出された後もコロナの感染が広がってはいますが、1つの節目である2週間が経過しました

新感染者数も日に日に増え、これから先どうなるか未だ見通しは立っていない状態です

もしかしたら、この記事を読まれている方の中にも感染している方がいらっしゃるかも知れませんね

そんな方こそぜひ!今回の記事、読んでみてください


1つご提案です

コロナが怖いので


歯を磨きましょう!


・・・どうしてでしょう?

もちろん虫歯にならないため!歯周病にならないため!

ですね

この二つは一般的な常識として現代では幅広く認識されています

もう一つ

歯周病と全身疾患」ということを耳にされたことはあるでしょうか?

実は口腔内衛生環境が全身の健康状態に影響を与えるのでは・・・という議論が2000年頃など世界の歯科界をにぎわせていました

現在まで多くの研究者たちがこの因果関係を調べており、最近ではメディアを通して一般の方々にも口腔衛生が全身的な健康につながることを伝えるようになってきました

糖尿病、高血圧、腎臓病、動脈硬化、痴呆症、などなど様々なトピックがありますが


今回は新型コロナ感染症ということで肺炎について


お口の中の細菌は普段から少なからず肺に入っていきます

免疫力が高いうちは問題になることはあまりないのですが・・・

免疫力が下がった状態では肺炎を引き起こすリスクを高くしてしまいます

そしてお口の中の汚れが多いと、さらにこのリスクが高くなるのです

現在新型コロナ感染症の特徴として、肺の免疫力が低下することがわかっていますが

要するに、このウイルス性肺炎を発症した時に

さらに!

このお口の中からきた細菌による細菌性肺炎が合わさると重症化してしまうリスクが高くなります

このウイルス性肺炎を防ぐことは難しいとは思いますが、たとえなったとしても重症化させないことが重要なのです

よって新型コロナウイルス感染症に打ち勝つために

日頃からお口の中をできる限りきれいにしておきましょう

感染しない対策も重要ですが

感染した状態に備える対策も考えましょう!


歯磨きはその一つです


もちろんフロスと歯間ブラシもですよ!

                                      たんぽぽ歯科クリニック

2020.04.21

ページのトップへ